いびき枕、人気ランキング|いびき対策におすすめの枕

どんな枕がいびき防止に効果があるの?

このページではいびきケアに効果のあるいびき対策枕について詳しく書いています。

そもそもいびき枕って効果はあるの
どんな枕がいびき防止に効果があるの?
いびきは、横向き寝しただけじゃ治らないの?
おすすめの枕はどれ?

という方の参考になれば幸いです。





そもそもいびき枕って効果はあるの?



いびき枕ってそもそも効果があるの?と不思議に思うこともあると思います。


いびきは寝ている姿勢、特に首の状態が大きく影響します。
特に首と気道がどうなっているかをチェックして改善することがいびき対策として重要です。
いびきの原因の多くは気道が狭くなっていることに原因があることはよく知られています。
そこで一般には横向き寝が推奨されていますが、横向きに寝ただけではなかなかいびきは改善されません。

いびきは、横向き寝しただけじゃ治らないの?

横向きに寝ると気道が狭くなる程度は確かに軽減されます。
しかし、あおむけ寝よりは「まし」というだけで、横向き寝がいびき改善に直結するわけではないからです。

思い出していただきたいのは、いびき対策に効果があるのは、気道を確保できる姿勢で寝ているかどうかです。
気道を確保するには姿勢とともに、首の位置を正しく維持することがいびきを軽減、防止します。
ですから最適な枕を使うことはいびき対策として必須です!


どんな枕がいびき防止に効果があるの?

いびきの原因の多くは気道が狭くなっていることですから、気道を確保しやすい枕がいびき防止に効果があることはおわかりいただけると思います。
枕を高くしても、低くしても、仰向けに寝てみても、横向けに寝てみても、容易には改善されないいびきが専用の枕を使うことでピタッとおさまったというケースもあります。

「気道を確保」して「快適な睡眠をとる」ために最適な枕を使いましょう、


いびき枕で人気なのは



いびき枕 人気1位 天使の寝息





企画・開発国: スイス
送料: 無料
特別価格: 19,800円

仰向けでも横向きでも気道が確保されやすいオリジナル設計の機能性枕。
衛生的な仕様。
アンケートで91.3%の人が、大満足・満足と回答。

クチコミ情報が公式べページに多数掲載されています。





いびき枕 人気2位 YOKONE2





横向き寝専用枕。
特許技術で安眠をサポート。
2個買うと3個目が無料。

送料: 無料
価格: 18000円





いびき枕 人気3位 The Pillow ザ・ピロー





おしゃれなデザイン。
7年間の品質保証付き。
高さ調節シートで高さの調節が可能。

送料: 無料
ギフトラッピング無料
本体価格: 7980円 +専用ピローケース(1980円)+専用高さ調節シート(1000円)




おすすめのいびき枕はどれ?



私が一番おすすめなのは1位の天使の寝息!



ここまで、いびき枕を3つご紹介してきましたが、私が一番おすすめなのは、やっぱり1位の天使の寝息です。


寝返りを売っても常に気道を確保できるように配慮されているというのが、いびき対策として確実かつ安心です。

アンケート結果でも91.3%の人が大満足または満足と回答。送料無料。Web特別価格。
問い合わせも、購入もいつでも専用ページからOK。



口コミでの評判、質問のできる安心感、衛生的な仕様などをトータルで考えるなら、天使の寝息がダントツの1位です!

▼公式サイトはこちら
⇒ 天使の寝息


いびきは睡眠時無呼吸症候群のサインかもしれません

人間は実に人生の1/3~1/4を寝て過ごしています。
睡眠は私たちにとってとても大切です。
あなたは毎日、ちゃんと睡眠をとっていますか?
睡眠は時間とともに質が大切です。

「日々、仕事に明け暮れていて、寝ている暇なんてない・・・」
「私は夜型人間。朝はどうも苦手・・・」

そういう方が大いのではないでしょうか。
しかしこれが言葉通りだとすると、健康には決して良くはありません。
食事はしばらく摂らなくても、断食しても生きてはいけますが、睡眠をとらない日が続くと、すぐに意識が朦朧としてきます。若いから徹夜も平気、というのは実はウソで、年齢に関係なく睡眠不足は体にとってはマイナスです。

一方で、

「しっかり睡眠をとっているはずなのに、なぜか熟睡した感じがしない」という方もいらっしゃいます。
疲れを引きずってしまって、昼から眠くて仕方が無い。

そんなあなたは、「睡眠時無呼吸症候群」かも知れません。

睡眠時無呼吸症候群とは、一般的に、「眠っている間に呼吸が10秒以上停止してしまう」病気のことを言います。
この病気にかかっている方は、就寝中にいびきをかいていたり、寝起きに頭痛が襲ってきたりといった症状が見られます。
いびきは睡眠時無呼吸症候群のサインかもしれません

「睡眠時無呼吸症候群」という言葉は一般にも随分浸透してきましたが、その危険性についてはあまり知られていないようです。

日本人が患う病気の多くは、生活習慣病との関係が深いです。
たとえば高血圧や糖尿病なんかがそうで、放置すると死に直結しかねない恐ろしい病気です。睡眠時無呼吸症候群も、高血圧や糖尿病と同じくらい、命にかかわる病気なのです。
たとえ、あなたのいびきが睡眠時無呼吸症候群とは関係ないものだったとしても、いびきをかいているということは気道が狭くなって呼吸が十分にできていない可能性が高いです。
睡眠の質の低下、酸素の不足はいずれも身体にとって良くありませんので、改善が必要です。







お酒を飲むと、いびきをかきやすくなるのはなぜ?

自分はいびきはかかない、と言っている人でも、疲れていたりお酒を飲んで寝たりするといびきをかくことがあります。

アルコールはいびきの原因となるものの一つです。
それはアルコールが筋肉を緩めるため、舌根や軟口蓋が喉の下の方へ落ち込んで上気道を塞ぎやすくなるからです。その結果、気道が狭くなり喉の粘膜を振動させることで、いびきをかきやすくなるのです。

私たちがお酒を飲むのは、仲間内の楽しいお酒ばかりではありません。夜眠れなかったり、ストレスが溜まってお酒を飲むこともありますね。そうすると、普段からいびきをかく人はなおさらいびきをかきやすくなってしまいます。睡眠時無呼吸症候群の人の場合は、気道が普段以上に狭まることで、症状が悪化することもあります。

逆に言うと、いびきが気になる人は寝る前のアルコールや深酒を控えてみてください。それだけでいびきが改善する場合もあるのです。

飲酒は、つまみや食事を伴うことから、肥満の原因にもつながります。アルコールと糖分のダブルパンチです。アルコールで気道が狭くなり、太ることでさらにいびきがひどくなります。お酒好きの方、お酒を飲む機会が多い方は、飲みすぎ・食べすぎに注意が必要です。肥満は、いびきだけでなくさまざまな生活習慣病にもつながります。